輪行袋


帆布製輪行袋(城東輪業社)
 1969年にアルプスでクイックエースを購入した際に付けてもらった輪行袋である。フレームサイズが21インチ以下の場合は黒で、22インチからがこのブルーであった。下部やハブ芯の当たるところはビニールレザーで補強してありかなり丈夫であったが、長年の使用で穴が空いたり破れたりしている。まだ国鉄の輪行制度が競輪選手だけの時代であったから競輪選手用のものだったのかもしれないが、畳んでケースに入れるとサドルに吊せるようになっていた。これが輪行の定番スタイルであった。

門岡式輪行袋
 故門岡氏が開発した輪行袋である。行きつけのテント屋さんにオーダーしたという非常に簡単な作りのいわばただの袋である。それが非常に使い心地が良くて、輪行の9割はこの袋で出かけている。縦置きにも横置きにも対応できなかなか便利である。


バッグのページに戻る