ナショナル・トレンクル

 
2007年6月製作
 フォールディングバイクは軽い方がいい。それに、ある程度の坂に対応できるようにディレイラーも必要だし。ということで、市販で一番軽いチタン製のナショナル・トレンクル6500を小経車の得意な和田サイクルで多段化してもらった。
 

仕様
フレーム=チタン折りたたみH型クランク=DURA-ACEブレーキ=サイドプル
前ホーク=チタンチェーンリング=DURA-ACE53Tブレーキレバー=シマノ MALAYSIA
タイヤ=ナショナル14×1.50ペダル=MKS(右折りたたみ)ハンドル=オリジナル折りたたみ
リム=アラヤ14×1.5HERディレイラー=シマノ Capreoサドル=Selle Itaria Flite
ハブ=R シマノCapreoチェンジレバー=シマノCapreoフリー=シマノCapreo 9-26 9速

 クランクはDura-Aceを奮発。チェーンガイドが付いているが、チェーンリングもDura-Ace53Tのはず。 リアまわりは、シマノの小径車用コンポのCapreoを使用。ディレイラーはブラケットを逆向きにして取り付けている。フリーは最小9Tから最大26Tの9段。9Tの耐久性はどうかな。

 フロントホークもチタンだが、つぶしエンドはいただけない。ブレーキはレバー本体ともパワーアップしてもらったが、ブレーキ本体には何の刻印もなくメーカー不詳 。Capreoの9速レバーは小気味よく決まる。  折りたたみ袋に入れた状態。軽い割に、持ちにくいことと、ホイールベースが短すぎて乗りにくいことから、なかなか出番がない。


愛車紹介のページへ戻る